昔は、結婚式電報のメッセージも短かった

nttは、電報を送る際、メッセージ料金がかかります。今は、電話会社以外の会社が電報サービスに参入しているため、メッセージ料金が無料のところが多いです。それでも、NTTのDMAILは人気の電報サービスだと思いますが、メッセージ料金がかかるので不満もあるかなと思い、DMAILの評判を調べてみたら、電報の歴史を知ることができました。

昔から、電報のメッセージ料金は、電報とは別にかかっていたようです。そのため、必要最低限のメッセージを電報として送っていたようです。昔は、今と異なり、携帯電話がなかったので、至急帰ってこいとか、こんな電報も送られていたようです。

そのため、昔から電報を利用していた方にとっては、メッセージ料金はかかるものと思っているので、不満はないのでしょう。逆に、初めて電報を利用する方にとっては、いくつかの電報のお店を見ると、メッセージ料金がかかるお店とかからないお店があり、メッセージが長くなるほど、メッセージ料金が高くなります。それでも、メッセージ料金を取り続けるので、メッセージ料金を取っても、業界でのシェア率が高いのかなと。

NTTをはじめ、メッセージ料金がかかるところがあっても、かからなくてもあるので、お祝い電報を探している方の検索能力かなと。そして、高い電報を頼んだとしても、その人にとってその電報が1番良かったということでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ