結婚式電報の場合、金額を気にせず、新郎新婦が喜ぶ電報が1番かな

nttのDMAILは、昔からの電報業者で、メッセージ料金が別途かかると記載しましたが、昔からお祝いの電報を利用している方は、電報はメッセージ料金が別料金で発生すると思っているので、毎回、NTTのDMAILを利用していたりするかもしれません。

DMAILなら、もらった側も、NTTの電報で嬉しいかもしれませんが、やはり、今は、メッセージ料金が無料のところが多いので、DMAILを利用するなら、いろいろな電報のお店を見た中で、DMAILにしかない電報だったり、DMAIL以外の選択肢がない場合でいいのかなと思っていますが、結婚式の場合は、料金を気にせず、新郎新婦が喜びそうな電報を選ぶことが大切かもしれません。

それは、送料が高い、バルーン電報が人気だからです。

結婚式電報としてバルーン電報は人気です。バルーン電報は、結婚式に目立つような電報なのでサイズが大きく、160サイズを超える商品も多く、送料だけで2000円以上の商品も多いですが、人気なんです。

そのため、結婚式の電報は、電報で選んでいる方も多いのかなと思っています。そのため、メッセージ料金があってもその電報がいいのなら、その電報を祝電として送ったほうがいいかもしれません。

ただ、メッセージ料金がかかるので、文字数は気にしたほうがいいかもしれません

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ